FC2ブログ
日常の出来事とか、懸賞の記録です。愛犬レオも登場します♪
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
熊本~長崎~佐賀 車中泊の旅【2日目】
2013年10月19日 (土) | 編集 |
九州への旅の2日目、10月13日(日)です。
この日の朝も風が結構吹いてたんだけど、前日ほどではありませんでした。

建物のある方向から、明るくなってきましたよ
DSC08735.jpg

外の気温はどれくらいだったんだろう…
少し肌寒く感じるくらい、上着を羽織ってトイレにむかいましたw

それでは、この日も写真かなり多めなので
気合い入れて見て下さいねww


 ※ 一日目はこちら

時刻は朝の6時40分頃、
明るくなってみると、他にも車中泊されてる方の車が停まってましたね。

本格的なキャンピングカーの方とかは、たぶんシートを戻したりとか片づけいらないので
6時すぎくらいにはエンジン音がして出発されたみたいでした。早いね~

DSC08736.jpg  

私たちもこのちょっと後、7時前にはこの旅の目的の一つだったのかな?
フェリーに乗船するべく、道の駅有明を後にしましたよん。
DSC08738.jpg 

っと、その道中マックを見つけて、PC用の電源とかあるかしら?
 出来たらちょこっと情報収集、本日の作戦会議したいわ♪
って淡い期待を持ちつつ店内に入り、軽めの朝食タイム

軽めってとこがミソでして、この後何か美味しいものを出会った時にも
食べられるようにって事であえてこんな感じにしましたw

PC用の電源の方だけど、…割と古い感じの店舗?っぽかったせいか
残念ながらありませんでした(^^;DSC08741.jpg

ガソリンも減ってきたのと、もしかするとこの先もっと値段高くなるかもってことで
給油したんだけど、@165でした。結構するのね…
DSC08743.jpg 

8時頃、鬼池の港に到着です。
ちょうど乗船を済ませたばかりのフェリーが出航するところでした。 
 

口之津の港までは30分の船旅なのね~いってらっしゃーい
DSC09385.jpg 

って乗り遅れたーってよりも、次の船が出るまでの時間まるまるのんびりできるからよかった。
ここにも充電設備を発見! 
この他にもいろんなところで見かけたし、熊本県って進んでるな~って思いました。
DSC08745.jpg 

車は並んで待ちま~す
DSC08746.jpg 

ここで切符を買わないとね!
DSC08749.jpg 

次は8時45分発の便かぁ
うちの車は5m未満なので、2740円と私の分の運賃440円を支払いました。
ワンコは無料みたいです。
DSC09358.jpg 

建物の裏側にまわってみると、何ともキレイな場所が
DSC08750.jpg 

時間はあっという間に過ぎていき、私たちの乗るフェリーが見えてきました。
DSC08756.jpg

じゃあそろそろってことで、車に戻ります。
DSC08758.jpg 

実はこの車でフェリーに乗るのはこれが初めて!
何だかちょっとわくわくするね♪
DSC08759.jpg 

結構たくさんの船員さんたちが乗っていらっしゃるのね
DSC08763.jpg 

デッキに上がって待ってると、いよいよ出航の時間に
DSC08767.jpg 

ここって、この眺めって前に一度来たことがあるかも?なんて思いながら
写真を撮ってました。
DSC08770.jpg 

私たちが乗ったフェリーは2隻あるうちの大きい方
船内はキレイだなって印象を持ちましたよ。
DSC09390.jpg

もう一隻のフェリーともすれ違い
DSC08780.jpg

口之津の港に到着
しばらく車を走らせると、雲仙普賢岳が見えてきました。
DSC08788.jpg 

ガソリン高くなるかもとは予想してたけど、170円の表示にはビックリ
DSC08789.jpg 

普賢岳をバックに記念撮影ね
DSC08801.jpg 

道の駅 みずなし本陣に立ち寄ってみましたよ。
DSC08809.jpg 

道の駅のすぐ隣には、土石流で被災した家屋が保存されてる公園があり
DSC08803.jpg 

建物の中に入ると、当時のままの状態で保存されてるみたいでした。
DSC09444.jpg 

道の駅を後にして、県道57号線を通って長崎方面にむかいます。
DSC08824.jpg 

マラソンか何かのイベントが開催されてたみたいで、
たくさんのランナーが道路脇を走られていて…曲がりくねった山道、峠越えに結構時間かかりました。

うちの車はまだ登りだからいいよね~これでバスでも通ろうなら大変だよね!
って旦那さんが言った、そのすぐ後に本当にバスが降りてきてビックリ!!!

木々が生い茂ったくねくね山道なので、バスが見えたはずは無く
ちょっとしたミラクルがのろのろ運転のストレス解消になったかもでしたww
DSC08825.jpg 

雲仙温泉、私たちは通過しただけだけど硫黄のニオイがたちこめてましたよ。
DSC08830.jpg 

やっとこ海岸線まで降りてきて、小浜温泉に到着でつ
DSC08836.jpg 

日本一ながーい足湯 ほっとふっと105
私たちは入らなかったけど、たくさんの方が利用されてましたよ。

DSC08838.jpg 


まだまだ今日の予定が詰まってるので、先へと進み
ドライブの眠気覚ましには、コレね!
長崎県で作られてるみたいだけど、ここ長崎の地で食べるのは初めてだね~
DSC08843.jpg 


ここは有料道路で通るのに確か100円だったかな?
女神大橋、キレイな橋だね~

DSC08855.jpg 


斜張橋であってるかな?
青い空によく映えててステキだわぁ
DSC08857.jpg 


長崎市内へとやって来ましたが
旦那さんはどこか行きたい場所があるみたいでして…
DSC08860.jpg 

私はというとどこへ行くのかもはっきりと知らされず
電車にばかり目がいってましたよ。
各地、路面電車が走ってる場所はいろいろあると思うんだけど
長崎の電車は昔ながらの趣のある電車が多いなって思いました。
広島だと、宇品行きの路線で走ってそうな電車っぽい感じ!?
DSC09546.jpg 


これから稲佐山ってとこの展望台に上がるんだってさ
この時点でちょっと嫌な予感が…
DSC08865.jpg 

ゆっくりした時間もないので、無料駐車場ではなく
さらに上に行ける展望台駐車場まで行きました。
30分100円でした。 (頑張りましたw)
DSC08867.jpg 

展望台からの眺め、ステキ?キレイ?普通の方はそう思われると思います。
ココからの景色は長崎市内が見渡せる素晴らしい絶景

でもでも、れおっぺは高所恐怖症気味…
年齢を重ねるごとにますますダメになってく気がする(T_T)
DSC08870.jpg 

旦那さんが撮影したパノラマ写真
DSC09530.jpg 

なるべく下を見ないように建物ばっかり眺めてたっけ(泣)
DSC08872.jpg 

高いとこ苦手だけど、せっかく来たんだしって事で
展望台にも上がってみたんだけど…ここはさらに難易度高かったぁ
一方、高いとこ大好き!?な旦那さまは嬉しそうに撮影してるしー
正直言ってちょっとムカつきましたw
だってね、体調が少し悪かったせいもあって、少しめまいがしてたんだもん。

ここの展望台はらせん状に登っていく感じで屋上へと上がって行けるんです。
旦那さんは窓側を、れおっぺは建物中心の手すりにそって上がるという正反対な夫婦
DSC08875.jpg 
屋上では、しばらくすると少し慣れてきて、景色を眺める余裕も出始め
市内地図を見て平和公園の方向を向いて少しの間お祈りをしました。
もう少し時間があったら、ちゃんと訪れてみたかった。
今度来る時は連れて行ってもらおう、うん、そうしよう!!

長崎多良見インターから嬉野方面にむかいます。
DSC08878.jpg 

途中、トイレ休憩で立ち寄ったパーキングで
写真を撮ってる方がたくさんいたので行ってみると…
DSC08883.jpg 

夕日と一緒に、こんな写真が撮れましたよ。
こっちが旦那さん撮影バージョン↓
DSC09553.jpg 

れおっぺ撮影バージョン、どうでしょうか?
DSC08884.jpg 

嬉野インターで降りて、まずは温泉に入りに行きますよ
DSC08888.jpg 

嬉野温泉も有名だけど、今夜は祐徳稲荷近くの祐徳温泉でお風呂タイム
DSC08894_20131019070807392.jpg 

大人一人600円だったと思います。
ここはわりと大きな施設で、洗い場の数も多いのでいいなって思いました。
せめてお値段がワンコイン(500円)だと申し分ないんだけどな。

この後、今夜の車中泊地 道の駅 鹿島に移動し2日目は終了です。
なんだか写真写真のオンパレードで、2日目のレポもかなりな枚数になっちゃったね。
3日目に続くので、よかったらまた読んでみてくださいねww



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック